2017年11月8日水曜日

展示会を終えて・・。

11月1日から3日間、東京で開催された視覚障がい者向け総合イベント「サイトワールド」への出展を終え、昨日ホテルに帰ってきました。
会場の熱気に圧倒されそうでしたが、多くの人々との出会いに恵まれ、充実した3日間を過ごすことができました。出展社数は40社あまりです。最新のIT技術を活用した製品の紹介がほとんどで、旅行に関する展示は風曜日だけでした。準備した展示物は①役場から借りた防災用ジオラマ地図②UD仲間の作った手作りのてしかが触地図③ネイチャーガイドから借りたカヌー模型④UD活動紹介パンフ⑤鹿のつのやオオワシの羽、などIT技術とは全然関係ないアナグロそのものでした。
「お客様の反応はどうだったか、ですか?」
1日目・2日目は珍しいそうに通り過ぎてしまう人々が多かったのです。
しかし3日目!!。目的を持ってこらるお客様が増え、ついつい説明に熱が入ってしまい、持参したアナグロ展示物が大活躍。
新婚旅行の候補地に、アジアからの留学生の就学旅行に、ある冊子から寄稿依頼ががきたり、様々な団体を紹介されたり、旅行代理店からお誘いの話があったり・・。
「年金5万円で旅行なんか行けるか」とのお叱りを受けたり、もしましたが、
北海道観光の情報を皆さん欲しがっておられることは確かなようです。

展示物飾り付けの様子


説明風景。お客様は大変熱心です。




2017年10月29日日曜日

東京まで営業に・・。

視覚障がい者向け総合イベント「サイトワールド」に出展の機会がおとずれました。
てしかがで取り組んでいる、エコツーリズムによるまちづくりの様子をUDの視点から紹介しょうと思っています。旅行やレジャーに関する出展は少ないとのこと。
何とか役に立てられれば嬉しいです。

・日時:11月1日(水)日本点字の日~3日まで
・場所:すみだ産業会館サンライズホール
URL:http://www.sight-world.com/


2017年10月26日木曜日

フランス帰りのルームキー

ルームキーが返ってきました。先日お泊まりいただいたフランスからのお客様から、返却されてきたのです。
風曜日のルームキーは時々遠くに旅をします。原因はどうやら別れ際の会話にあるようです。お互いの会話に夢中となり、キー返却のことなど忘れてしまうのです。
航空便の封を開けると、簡単なメッセージとラベンダーの花が同封されてます。そして花の香が室内を充満するのです。

お客様の顔を思い出して、ニヤニャしてます。

2017年10月23日月曜日

カボチャのスープはいかが・・。

あっちこっちからカボチャをいただきました。
その数10個以上です。
どれも採れたて、ホクホク、旬の味です。
でも、お客様が少なくなる時期です。
私達二人で食べきれるものではありません。
ではどうするか?

そうだ! 春まで冷凍保存して、パンプキンスープを作って、お客様に旬の味を楽しんでもらおう。と、思って作業を開始いたしました。
きっと美味しいパンプキンスープが出来上がりますよ。
期待してください。





























2017年10月16日月曜日

ある日の出来事

1年に一度、宿泊客が少ない時期に必ずお越し下さるお客様です。
そのお客様から
「どうしたの? 心配しているのよ!!」
「あなた、ブログをちっとも更新していないでしょう!!」
「今回で7回目。母の生きる喜びにもなっているのだから・・」
私「ハイ! 真面目に更新します」と答えた。


気持を入れ替え、がんばります。見ていて下さい。

2017年9月17日日曜日

秋のイベント情報No1

重たい荷をソリに乗せ、大小二つの山を越えて、速さを競う「摩周湖ばんば馬大会」が弟子屈で開催されます。
目の前で展開される人と馬と微妙な駆け引きは、観る人の心を揺さぶることでしょう。
旅の思い出にどうぞご覧ください。
・開催日時:9月24日(日)9時20分競技開始(雨天決行)
・所:摩周輓馬場(当館から車で7分)
・参加料:無料
賞品は味噌や醤油・米など豪華賞品多数・・。
詳細は風曜日までお問合せ下さい。電話 015-482-7111
地方ばんば大会の醍醐味が味わえます。



2017年3月19日日曜日

「冥土の土産・・?」

先日、東京からJRを利用して83歳のおばあちゃんを含むご家族2組5名の宿泊がありました。
おばあちゃんは大変元気で、余計な介護などは無用なようです。

その日は、ものすごくいい天気、春を思わせる陽気です。皆さんが雪遊びから帰った後「せっかくですから」といって摩周湖まで案内することになりました。

摩周湖をバックに私とおばあちゃんとのツーショットを撮っていると、ご家族から冥土の土産ができたとの声が聞こえてきました。
「エッ!!冥土の土産」

夕食前のことです。
おばあちゃんは部屋に置いてある当館の案内文(風曜日名称の由来と摩周湖探訪の案内文の2枚)を持ってこられ「これをコピーして欲しい」といわれたのです。
これも「冥土への土産」かと思うと、嬉しいやら、悲しいやら、寂しいやら。
何といってコピーをお渡ししたか思い出せません。
親愛なるおばあちゃん、いつまでも元気でいて下さい。