2018年3月26日月曜日

スロープの完成!!


近くに中華料理店が開業すると聞き、玄関にスロープの設置をお願いに行ったのが
1月中ごろ。その時にお土産としてもらったギョーザを車いす利用のお客にも食べて
 もらえるようになりました。願いを聞き入れてくれてスロープが完成したのです。
 (ブログ:「ギョーザの味」参照) 
 今は砂利を敷きつめていますが、春になったらコンクリートで整地し、いずれは
 トイレも改造したいとの意向です。椅子の形やテーブルの高さなどの質問に答えている 
 と、この店のUDに対する思いが伝わってきます。
 店名は「昇龍軒」といいます。子育て中の若い夫妻がオーナーで、一番お金がかかる時
 期ではないでしょうか。にも関わらずスロープ設置を決断してくれたことに感謝してい
 います。
 これで当館に来られるお客様にも紹介できる店が一つ増え、UDの町づくりも一歩前進し
 いたしました。
 でも、一番喜んでいるのは私自身かも知れません。
 私が車いす生活になっても、弟子屈産の食材を使った美味しいギョーザを食べに行ける
 からです。
ホテルから車で5分です。是非ご利用下さい。

2018年3月5日月曜日

大人の武者修行はいかが・・。

この度、当館の取り組みが評価され、「大人の武者修行受け入れ事業所」に選定されました。(第6回 ハイ・サービス日本300選)受賞

この制度は2014年から(交財)日本生産性本部・サービス産業生産性協議会が経済産業省の補助事業として継続実施し、補助金の対象となります。

制度を簡単に説明すると、修行者受け入れ先事業所に現在の職場(送り先事業所)から一定期間修行者として勤務していただき、受け入れ先ぎ事業所の考え方やノウハウを学び、自社に戻った際にはその知識・経験を生かして職場の生産性向上に役立てていただこうというもので、いわば社会人インターン型の人材育成事業で、中小サービス事業者向け次世代経営人材育成を目的としております。

ユニバーサル社会の実現に関心のある中小サービス事業所様は是非ご検討をお願いいたします。

当館は同じ「志」を持つ事業所や個人の皆さんとの出会いを求めています。

詳細は
大人の武者行:http://shugyo.jp/conceptで検索

2018年2月24日土曜日

コンテスト入賞!!

(一社)日本能率協会が主催するコンテスト「KAIKA Awards 2017」に特選紹介事例
として表彰されました。
UDの町づくりに取り組む「てしかがえこまち推進協議会ユニバーサルデザイン部会」と「風曜日」との係わり合いを記した内容で、テーマの重要性、取り組みのユニークさが評価されました。
北海道の東部、少子・高齢化が進む人口7500名余の小さな町の取り組みですが、この活動を多くの皆さまに知っていただき、これからの町づくりに繋げていきたいと思っています。
ご意見等があれば、どうぞ問い合わせください。

「http://kaika-management.com/awards/awards/2017award」にて検索











2018年1月17日水曜日

ギョーザの味!

近くに中華料理の店がオープンすることを聞き、さっそく訪ねました。
新しく開店するのであれば、誰でも安心して利用できるUDの店にして欲しいと思ったからです。
玄関ドアーを開け「ちょっとお願いしたいことがあるのですが・・」と言うと、「ハイ!なんでしょう」と、若いご主人が顔を見せてくれました。
「店の入口にスロープを設置してもらえないでしょうか?」と頼むと、一瞬ハットとした様子が見てとれました。一応の話が終わって帰ろうとした時です。
ご主人がスーッと居なくなったと思ったら、右手に白いビニール袋を持ってすぐに戻ってきました。
「4分間ほど焼くだけで食べられるから」と言って差し出されたその袋には生ギョーザが入っていたのです。
ものごとを頼みに行って、お土産をもらって帰るなんて・・・。

勿論、夕飯のおかずはギョーザです。すべて弟子屈町産の素材を使った手作りです。UDのレストランができるかも知れないと思うと一層ギョーザの美味しさが増してくるのです。当館に来られたらそのお店を紹介します。是非弟子屈のギョーザを味わって下さい。

私の焼き方に少々難がありますが、味は格別でした。